AGA治療薬の種類と効果、副作用

フィナステリドとは?

フィナステリドはアメリカで認可された薬剤です。

その効果は非常に高く、アメリカだけではなく世界中で利用されているAGA治療薬として有名です。一般的な薬名としてMSD社のプロペシアや、ファイザー社のフィナステリド錠というジェネリック医薬品で知られています。

気になる効果について

フィナステリドはAGAの症状を抑えて、髪の毛のサイクルを正常に戻す効果が期待出来る治療薬です。

ヘアサイクルを元に戻すことで、髪の毛が太く成長出来るようになるため、薄毛が改善されるようになるのです。

そこでキーとなる作用が5αリダクターゼという酵素の阻害作用です。この酵素はディヒドロテストステロンという髪の毛のサイクルを乱し、AGAを発症させる物質が作られる時に必要とされる酵素。

なので、フィナステリドはこのAGAの原因となる悪玉物質を作らせない作用を持つわけです。

その結果として、フィナステリドを開発したMSD社の臨床試験では、90%以上の効果が確認されており、世界中で使われる大ヒットAGA治療薬になりました。

メンズヘルスクリニック東京治療例

副作用は?

では、副作用の心配はないのでしょうか?

★性欲減退
★勃起機能障害
★男性機能低下
★肝機能障害

これらがフィナステリドの副作用として挙げられています。

ミノキシジルは頭痛やめまいなどがメインですが、こちらは男性機能に関する副作用が強いので、服用してからは注意しておいた方がいいでしょう。

デュタステリド

デュタステリドは一部のAGA病院が治療薬として積極的に処方しているものと言われています。

本来は前立腺肥大症の治療薬として開発されていたのですが、AGAにも効果が見られることからAGA治療薬として開発と生産がされるようになったのです。

デュタステリドの効果

AGAの原因は男性ホルモンの影響が強いと言われています。

デュタステリドはフィナステリドと同様の作用を持ち、AGAの原因物質のDHTの生成を阻害します。

ただその効果はフィナステリドよりも高く、薬理作用でフィナステリドの3倍、増毛効果で1.6倍と言われています。

AGAヘアクリニック治療事例

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用も、フィナステリドと同様の副作用が見られるようです。

効果が強い分、デュタステリドは副作用が数倍出るとも考えられています。

異常を感じた時には医師に相談した方がいいでしょう。

ミノキシジル

AGA治療薬として一般的なのが、ミノキシジルです。
治療を行った人の中には処方された人もいるのではないでしょうか。市販薬ではリアップ(最近ではスカルプD メディカルミノキ5)にミノキシジルが含まれているため、使っている人もいるかもしれません。

 

ミノキシジルの効果

発毛を促す成分として、AGA治療に用いられています。

毛細血管を広げて血液の流れを良くする効果と共に、毛乳頭細胞にもアプローチをしてヘアサイクルを延長してくれるのです。毛乳頭細胞が刺激されることで、発毛効果を得られると言われています。

 

ミノキシジルの副作用

AGA治療の定番とも言われていますが、副作用が出てしまう人もいるようです。
頭痛やめまい、動悸などが副作用として報告されているので該当の症状が出た場合はAGA病院の医師に相談をしましょう。他にも敏感肌の人はかゆみなどを訴えることもあるようです。

 

参考資料:AGAの薬

AGA治療を比較!- AGAヘアクリニック vs. メンズヘルスクリニック東京

AGAヘアクリニック、メンズヘルスクリニック東京ともに、AGA治療専門病院としては珍しく、薬剤を使った治療しかやりません(AGA病院・AGAクリニックの評判はこちら)。

メソセラピーという注射もしませんし、点滴もやりません。

AGAヘアクリニックもメンズヘルスクリニック東京も「医学的なエビデンスに基づく治療」を診療方針に掲げているためです。

ただ、それぞれの特長もあります。

 

AGAヘアクリニックの治療

テレビ電話診察

スマートフォンを利用したテレビ電話診察を特徴として、挙げられます。
AGA病院として注目されていても、遠方の人はなかなか訪れられません。しかし、テレビ電話診察を利用することで遠方の人でも気軽に診察を受けられるようになりました。

デュタステリドとフィナステリド

こちらのAGA治療薬による治療の特長はデュタステリドを積極的に使っている所です。

デュタステリドとは、本来前立腺肥大症の治療薬として処方されていましたが、AGA治療にも効果が見られたことから、AGA治療薬としても2016年に承認されました。

この治療薬はフィナステリドの1.6倍の発毛効果が得られると期待されている一方で、副作用も多く、新薬のため、AGAクリニックではフィナステリドの次の薬と位置づけ、処方には消極的な所が多いのが実情です。

しかし、AGAヘアクリニックではデュタステリドは新薬ではなく前立腺肥大症でも莫大な症例を積んでいるので安全性に問題はないという立場で、その効果への期待からメイン薬剤として使っています。

AGAヘアクリニック治療事例

もちろん、副作用が出た人には、デュタステリドを減量したり、別の5α還元億沿阻害薬であるフィナステリドを処方してくれますので安心してください。

患者のプライバシー重視

AGAヘアクリニックは、患者のプライバシーを守ることで有名な病院です。

40部屋を超える診察室があり、カウンセリングから会計まですべて個室で行えるのが良いとされています。

 

 

メンズヘルスクリニック東京の治療

メンズヘルスクリニック東京はアドバンスト発毛治療が有名です。

実績豊富な医師、しかも皮膚科や心療内科など色々な診療科の医師が多角的な視点で診察をしてくれるため、その人に合った治療法や薬を提案してくれます。

すべてその人のためだけの処方や診察なので、他の人と被るようなものではありません。それぞれの原因や症状に合わせたテーラーメイドの治療をしてもらえるのが最大の強みでしょう。

治療の流れは下記のようになります。

★ストレスチェックシートの記入
★カウンセリング
★診察
★血液検査
★薬の処方
★会計

このように、途中で血液検査が入ります。ここでAGAリスク遺伝子検査を行い、デュタステリドとフィナステリドのどちらが合うかも、検査をする場合もあるようです。

アドバンスト発毛治療

メンズヘルスクリニック東京でのAGA治療と言えば、このアドバンスト発毛治療。これがこの病院のAGA治療の真骨頂で、その人に合わせた治療をしてくれます。

メンズヘルスクリニック東京治療例1

基本的には男性型脱毛症(AGA)の進行を抑えるために原因物質であるDHTの生成を抑えるフィナステリドという薬と、カリウムチャネルブロッカーとして毛包の休止期から成長期への意向を促すミノキシジルという薬を、患者一人一人の症状に合わせてオーダーメイドで処方してくれます。

また、フィナステリドもミノキシジルも両方とも内服薬ですが、ミノキシジルに関しては外用薬もあり(リアップ、最近だとスカルプDメディカルミノキ5)、頭皮の状態に合わせて、処方してくれます。

フィナステリドもミノキシジルも、AGA治療薬としてもっとも有名で、世界100国以上で使われている成分ですので安心ですね。

とは言え副作用のこともあるので、しっかりと医師の説明は聞いておきましょう。

なお、デュタステリドも処方してくれますが、フィナステリドがメインの位置づけです。先ほども言ったように、AGAでの症例数が少ないことから、デュタステリドの処方には慎重です。

 

両病院比較

治療

どちらも使う薬は同じ。フィナステリドやデュタステリド、それにミノキシジルを組み合わせるという方法です。

それに、どちらも一人一人に合わせたオーダーメード治療を掲げています。

ただ、メンズヘルスクリニック東京の方が、そのオーダーメード感は強いように感じました。それは、チーム医療だったり、何より!19年間190万症例に裏打ちされた強みだと思います。

 

テレビ電話診察

これはAGAヘアクリニックにしかありません。

忙しい人、病院が遠い人、それに病院に抵抗感が強い人にはありがたいですよね。

 

プライバシー対策

メンズヘルスクリニック東京も診察はもちろん個室ですが、待合室は他の人と一緒です。

ほぼ95%は薄毛治療できている人なので、「仲間」と言えば仲間ですが、他人と会いたくない人にはデメリットでしょうか。

 

 

AGAヘアクリニック公式サイト

 

メンズヘルスクリニック東京公式サイト